“そもそも日本におていて「いただきます」という挨拶はいつから始まったのだろうか。 広辞苑によると、比較的新しい版には「いただきます」の項目が記載されているが、1983年の第3版から古いものには記載が無い。ちなみに「ごちそうさま」は1955年の第1版から記載されている。いろいろと調べるうちに「いただきます」という挨拶語は比較的新しい言葉ではないかという疑問が出てきた。 ひとつの理由は、日本全国同じ言い方をする。つまり方言が存在しないと思われるからである。 古い言葉にはおおよそ方言が存在する。”

いただきますする。 (via otsune)

2013-11-12

(via mmtki)

“「今から何十年後かに、あなたがたが学校生活を思い出して、あの時代が一番幸せだった、一番楽しかった、と心底から感じるなら、私はこの学校の教育が失敗だったと言わなければなりません。人生は進歩です。若い時代は準備のときであり、最上のものは過去にあるのではなく、将来にあります。旅路の最後まで希望と理想を持ち続けて、進んでいく者でありますように」”

「お前自身の殺気が 出会う者すべてを敵にする」

バガボンドの宝蔵院胤栄の台詞なんだけど、何故だか最近よく思い出す。価値観の全く違う人と接するとき、俺はすぐに「なんだコイツ無理」とか思っていろいろ諦めてしまうのだけど、それで結構損をしているような気がする。

行方不明系で若い女の子の顔写真とかでまわってるやつは
地下アイドルの宣伝とかで無い限りRTしてる人は直ちに解除
するのがお勧め。

ストーカーによる居場所や行動調べの可能性が高いです。
厚木で発生したストーカー殺人は3回引越ししたにもかかわらず
Twitterによる善意の口コミでばれてます。


ミントの香りが爽やかな「ハッカ油」の活用方法:キッチンの消臭、虫除けにもほか〜木曜のライフハック記事まとめ

takachan:

お盆も明け、8月も後半戦です。今年は雨がよく降りますね、湿気が多く蒸し暑い毎日が続きます。そんな暑い夏を乗り切るためのアイテム「ハッカ油」の意外な使い方が『ミントの香りが爽やかな「ハッカ油」の活用方…

記事を読む http://j.mp/1tthC4w ライフハッカー[日本版]

第一段階として、午後8時半の全員退社を掲げた。「そんなの無理や」と従業員から一斉に声が上がったが、断行した。

 それには理由があった。1日の勤務状況を分析すると、帰宅時間に合わせて業務を進めている節があったのだ。「ゴール」を決めると、無駄な業務、時間を省いた仕事の進め方が浸透していき、1年半ほどで退社時間厳守を達成した。

 さらに前倒しに挑戦。午後7時半、7時と段階的に退社時刻を繰り上げた。隠れて残業する社員はいないかを知るため、導入したのが警備会社の防犯システム。最後に会社を出る社員が防犯システムをセットするので、最終退社時刻が分かるのだ。

 風土や制度も整えた。営業職が営業先から帰社する時刻を午後5時にした。「7時より前に戻ってきたら、仕事をしていないように思われるところがあった」という雰囲気を改めるためだ。

 また、新たにパート社員を雇い、正社員が担当していた伝票整理や商品の配送などを任せた。採用は全社で20人。「コストカットで人員は削減」という主流に“逆行”した施策だが、杉本社長は「コストアップとなったが、数字以上の価値はある」と話す。

 フルタイムは無理だがパートタイムでなら働きたいという主婦層を取り込み「会社、パートさんの両方にメリットがあった」という。4年ほどで6時半退社が行き渡った。

skdy:

怒りの感情が湧いてくるってことは、ある種の核心をつかれているということ。
的外れなことを言われていたなら、きっと、怒りなんて湧いてこない。
悲しみや怒りの感情は、心の中でころころ転がして、角が取れて、丸くなって、小さくなるのを待つしかないな、とこの頃思う。

“人は精神的に不安定である。だから自信を与えよう。
人は自分が特別だと感じたがる。だから心をこめてほめよう。
人はよりよい明日を期待している。だから希望を持たせよう。
人は自分を理解してもらいたがる。だから話に耳を傾けよう。
人は方向性を見失いやすい。だから進むべき道を示そう。
人は利己的である。だからその人の欲求を満たそう。
人は落ち込みやすい。だから元気を与えよう。
人は成功を望んでいる。だから勝つのを手伝おう。
人は有意義な人間関係を求めている。だからつながりを提供しよう。
人は手本を探している。だから模範を示そう。”