“最近、よく10代とイジメの話をするのだけど、そっか「変わった人」に免疫が無いんだなあっと。空気を乱す人は「許せない!」ってなっちゃう生真面目さは時に痛々しく感じるほど。そんな子どもたちにこそ、へんてこな世界をっておもったりする。私も傾聴なんてやめて踊った方がいいのかしら。”

“放送大学の学習センターでは、70代くらいのおじいちゃんがノートにびっしり数式を書き出しながら微積分のDVD視聴している姿を目にできたりする。20代や30代で「いまから勉強なんて始めても手遅れかなあ」なんて考えるのが、本当に恥ずかしくなりますよ。 (http://bit.ly/z5mCJO)”

from http://bit.ly/xuHXJf (via atm09td)

2012-02-22

(via we-will-win)

“システムをクラッシュさせた責任は「誰に責任があるのだ」と声を荒げる人間たちだけがいて、「それは私の責任です」という人間がひとりもいないようなシステムを構築したこと自体のうちにある。”

Who is to blame? (内田樹の研究室)

身に染みるような論理。口先で論破できにくいところに、内田教授の武道的論理の強靱さがある。

(via handa, asyuu) (via gkojay) (via mcsgsym) (via wonderthinkanswer) (via lovecake) (via hkdmz) (via katoyuu) (via yaruo)

(via takaike) (via lemp3)

(via xlheads) (via sytoh) (via takojima) (via deli-hell-me)

(via dotnuke) (via junmyk) (via sierra7) (via currychef) (via zaiga) (via tra249) (via magurohd) (via kuriz) (via tsuyoshi) (via sho235711) (via criff) (via set-tea) (via yue)

“週に2回のトレーニングデイを設けて、高強度インターバルトレーニングとして6秒間だけエクササイズバイクを激しくこいでもらうというもの。研究に参加した12人全てに血圧値の改善や運動能力の向上といった成果が見られたとのことです。”

“デスクワークや家事など一般的な生活を送っているときは、尿や便、皮膚からの蒸発、呼気などで1日に1.5~2.5㍑の水分が失われるので、同量の水を飲むことでバランスがとれる。
一般的な食事をとっている人なら、食事に約1㍑の水が含まれている上、体内の代謝で生まれた水もあるので、飲み水としては1~2㍑をこまめにとることが大切だ。ティカップ1杯程度(約150cc)を1~2時間ごとにとるといい。
寝ている間は水を飲めないので朝は水分不足になり、それが脳梗塞などの引き金になることもある。“寝る前にもトイレが近くならない程度に飲む。夜中にトイレに起きたときには、口に少し含む程度飲むと、脳梗塞の予防になる”(飯野教授)
スポーツをしたり、屋外で仕事・作業をしたりする人の場合は、かいた汗に匹敵する水分を加える必要がある。まず屋外に出たらコップ1杯の水分補給をすること。ノドの渇きに応じて飲めばいいが、たくさん汗をかいたときは低ナトリウム血症予防のため、適度の塩分を補うことも重要だ。”

“姉から聞いた話。姉の夫の母は子供にお菓子を出すとき絶対袋から出してお皿に乗せてたんだって。そしたら子はお菓子のパッケージを覚えないしわからないからスーパーいってお菓子売り場にいってもこれ食べたい!あれが欲しい!って言われることがほとんどないそうな。頭いい。”